2007年10月2日火曜日

バルカンの月

 いまバルカン山脈の上にとてつもない大きさの半月が現れた。こんな――「あんな」ではない。「こんな」である――に大きいのを見るのは生まれて初めてだ。

2 件のコメント:

ひらみえ さんのコメント...

こちらに来てからまだお月さまを眺める機会がありません。いいですね。大きなお月さま。

窓がたくさんあるので、見られてもよさそうなものなのですが。注意して見てみます。秋の夜長とお月さまって相性いいですよね。

KOMADA, Satoshi(駒田聡) さんのコメント...

 ことば足らずでした。この夜のは「お月さま」というよりも、とてつもなく大きく、とてつもなく明るく、ものすごく、すさまじく、おどろおどろしい「星」でした。地球が地平線の少し上に見える月面上から撮った写真を見たことがありますか。強いて言えばあの感じです。ある天体のすぐそばを別の天体が横切っていく、というような。

 極東にいた頃はほとんど月も見なかった私ですが、いまは毎晩のように見てます。年のせいか夜明け前に起きることも多く、いまも窓外のうまそうなオレンジ色の朝焼けを見ながらこれを書いています。