2007年11月27日火曜日

The Master and Margarita

 読了。
 読み進むに従い当初の興奮が冷めていく、残念な読後感となった。致命的な読み落としをしている可能性もあるので、最終的な評価は再読まで保留しておくが、大多数の人物が類型化されたものに終わる中で、Pontius Pilateのみがひとり忘れ難い印象を残す存在であった。

0 件のコメント: