2008年1月7日月曜日

寒さ緩む

 積もっていた雪が今日の昼間少し溶けた。気温が氷点上に上がったらしい。寒気がこの程度緩んだだけでこれだけうれしいのだから、春が来た時の喜びはいかばかりかと思う。
 もっとも、少し暖かくなったらなったで、また別の苦労も生まれる。今度は屋根や軒のつららや氷の塊が頭上に落ちてくるのを警戒せねばならぬ。直撃されれば、へたをすれば、一巻の終わりである。
 頭上と足元に注意しながらそろそろと歩く日々はまだまだ続く。

0 件のコメント: