2008年1月28日月曜日

漱石『こころ』

「人間を愛し得る人、愛せずにはいられない人、それでいて自分の懐に入ろうとするものを、手をひろげて抱き締める事のできない人、――これが先生であった。」

0 件のコメント: