2008年2月9日土曜日

ひとりであるということ

 ひとは どこにいても 誰といても いつも ひとりである
 しかし それは どこにいても ひとりでいても いつも あなたと共にある ということでもある
 
 このことが理解されるかどうか。ここが分水嶺だ。
 私が最も親近感を抱く人物をご存知か。
 それは
The Sirens of TitanWinston Niles Rumfoordである。
 誤解を恐れずに言うなら、私は彼のことがとてもよく分かる。

0 件のコメント: