2008年4月12日土曜日

評価

 評価というものは難しい、厄介な、苦しいものである。
 評価されるのは被評価者だけではない。評価すること・過程・結果を通して実は評価者自身も評価されるという性格のものだということを評価者自身が忘れていることが多い。

0 件のコメント: