2008年6月6日金曜日

トヨタ自動車の強さ

Corporate Culture: The J Factor
 工場内の雰囲気をそれほど努力せずともイメージできるのは、多分僕が日本で生まれ育った人間だからだろう。「改善運動」の底流にある思想は日本列島の通奏低音として古来から響き続けてきたものだ。
 しかしトヨタが成功している事実がこの方式の万能性をアプリオリに証明しているわけではない。そうであれば日本の国際競争力が25位などと低迷しているはずがない。日本の多くの企業がトヨタの真似をしているからだ。
 可能なアプローチは常に複数存在する。最善のアプローチを求めるのではなく、ある一つのアプローチをいかに十全に働かせるか。それが重要なのだと思う。

0 件のコメント: