2008年7月16日水曜日

杉本苑子『穢土荘厳』

 歴史に関する該博な知識が魅力。人物造型や物語としての結構には物足りなさを感じる。
 前に触れた海音寺潮五郎もそうだが、歴史小説を読む際には、また独特の期待値を設定したほうがよいようだ。

0 件のコメント: