2010年3月26日金曜日

THE MALE BRAIN?

A Mind of His Own

 そうだそうだ、と簡単に、それも多くの人が納得しやすい話ほど危険なものはない。その危険に警鐘を鳴らし、偏見を取り除くのが「知」の責任である。

2010年3月2日火曜日

ほんの小さなことども。

Sometimes the Smallest Things
 思い当たる人も、そして事も、多いだろう。
 そしてその小さな誤りの発見が、なぜ彼の心を温めるのか。彼はわざと書いていない。しかし、それは、それらの小さな誤りの一つ一つが、自分をこよなく愛してくれた人々についての、小さな思い出の一つ一つに強く結びついているからだ。
 家族だけではない。教育というものそのものにも、そういうものがあっていいし、またあるべきだろう。