2007年12月15日土曜日

リヨン・オペラ

 CATVのMezzoでJacques OffenbachのOrpheé aux Enfersを観た。
 ハエだかハチだかゴキブリだかのたくさん出てくる、面白く刺激的な演出だった。歌手陣も演技力十分の熱演で現代的な演出に応え、ダンスの振り付けも面白いものばかりだった。
 いつも思うのだが、こういうのをさせるとフランスの人たちにかなう者はいない。

0 件のコメント: