2009年2月3日火曜日

ピカソ展

 後ろに警備員を従えて、休館日の会場を僕たちだけでゆっくり見せてもらった。
 この企画展の特徴は同一モチーフをピカソが短期間に何枚か明らかにそれぞれ異質な描き方で実験的に描いたシリーズを数シリーズ並べている点にある。それが非常に面白かった。予想以上にレヴェルの高いラインナップだった。
 ブルガリアの人々の友情の厚さ、温かさ、おおらかさ、それから余分の仕事をしてくれた警備員たちに感謝する。

0 件のコメント: