2008年9月24日水曜日

森鷗外「駆落」

 「エリス」との恋とその顛末を知る読者は、鷗外は果たしてどのような想いでリルケのこの作品を読み、どのような想いで翻訳していたのであろうと思う。

0 件のコメント: