2008年9月27日土曜日

匿名性

 私は残したい文書はディスクに残すようにしているが、残し方は色々で、著者名で残す場合は名字をアルファベット順にしてファイルしている。例えばFOUCAULT, Michelという名前のファイルには本人の文章、フーコー論、その他関連文書が雑多に放り込んであるという具合だ。
 ところが最近はブログでも面白いのがたくさん出てきて、その中にはペンネーム(何て言うのかね。ブログ名?)で投稿してあるものもある。99%はゴミなので心配しなくていいのだが、たまに残したいものがあると、その整理の仕方に困る。agnostic(氏?さん?君?)によるこの投稿もなかなか面白い。およそ知的でなく、かなり無理がある――無茶苦茶と言ってもいい――が、しかし面白さは持っている。
Graphs on the death of Marxism, postmodernism, and other stupid academic fads
 agnostic(不可知論者)のようにユニークなブログ名ならまだ何とかなるが、もっと一般的なブログ名の人の面白いのを整理し始めたら、一体どうなっていくのだろう。

0 件のコメント: