2008年2月17日日曜日

「読者のいない小説」

FIONA: Can I look?
BRIONY
: I’d rather you didn’t. It’s private.
She puts out a hand to cover the title page, which reads: Two Figures By a Fountain by Briony Tallis.
FIONA:
I don’t see any point in writing a story if you’re not going to let
anyone read it. (Atonement, script)

 
BRIONYが書いているのは誰かに読ませるための小説でなく、「現実」を取り戻すための「虚構」である。関与したすべての人々にとっての。

0 件のコメント: